エステ+ホームケア、W効果できれいになる

エステティックに、あなたは何をどこまで求めますか?

まず、多くを望みすぎず、頼りすぎなければ、効果も表れ、必ずきれいになります。

ただ、エステティックはきれいになる近道ではありますが、それだけでは限界があります。

一番大切なのは、自分自身で行う毎日のお手入れ・・・

ホームケアなのです。

女性の三大肌の悩みは「ニキビ」「シミ、そばかす」「シワ、たるみ」といわれています。

これらを解消するために、いろいろな化粧品やエステの施術があります。

そのどれにおいても効果は期待できます。

もちろん、それには決まりごとを守らねばなりません。

○とにかく、毎日ダブル洗顔はしましょう。
エステに頻繁に通う人の中には、お化粧したまま寝てしまったり、石鹸だけで顔を洗ったりする人が多いのです。

「エステに通っているからいいや」てなものでしょう。

でも、洗顔は美容の第一歩です。

○肌に必要な潤いを与え、紫外線から肌を守りましょう。
潤い不足は肌のコンディションを乱し、抵抗力のない肌にしてしまいます。

潤いをキープしながら、紫外線から肌を守るために、日焼け止めやメイクをすること。

せっかくエステで「美白」を手に入れても、肌が直接日に当たってしまっては、取り返しがつきません。

○クリームや乳液を伸ばすときには、ソフトタッチで。
目のまわりや頬を強く引っ張ると、たるみの原因になることもあります。

刺激が強すぎて、トラブルになることも。

○首筋もお手入れを心がけましょう。
年齢の出るところは目のまわりと首、そして手でしたね。

特に首筋は忘れてしまいがちです。

いつも使っているクリームや乳液を、顔につけたあと残った分でいいので、つけてあげましょう。

このように、普段のお手入れをやったうえでエステに行けば、さらにきれいになることでしょう

機器使用のエステorハンドテクニックのエステ、どちらがいいの?

エステティックの施術には、大きく分けてふたつあります。

ひとつは精神的にリラックスさせながら、肌や体に効果のある化粧品を使い施術をする。

ゆったりとした気持ちになり、ストレスの解消もできる。

これは多くの人が求めているものです。

もうひとつは、効果を優先したエステメニューで、リラクゼーションは体感できずに、ある程度の苦痛や我慢が伴うもの。

しかしながら、その効果は絶大です。

このふたつのタイプから、どちらを選ぶのかはあなたしだいであり、その目的しだいですね。

一概にはいえませんが、後者のエステメニューには機器を使用するものが多くあります。

たとえば、イオン導入です。

電極のプラスマイナスの働きで、普通では浸透しない成分を肌の深部まで送り届けることができます。

また、表情筋を刺激して、シワやたるみをなくす機器もあります。

これは、施術中に軽いチクチクした痛みを伴います。

若く美しくあるためには、努力や苦痛を我慢することも必要かもしれませんね。

けれども、本来のエステティックの目的であるリラクゼーションをもたらす施術は、目に見えない想像以上の効果が期待できるのです。

つまり、ハンドテクニックによる心のつながりと解放です。

エステティシャンの心が、手のひらの温かな感触とお互いの皮膚の適度な密着感によって伝わってくるのです。

これはどんなに高度な機器を使っても、無理なことですね。

人間だからできることです。

機器を使うエステは肌にいけないわけではないし、効果もあります。

同じように、ハンドテクニックも、はかりしれない効果があります。

あなたが求めるエステはどちらですか?

エステティックサロンには、大手から個人経営のところまでたくさんあります。

大手は、痩身願望やトラブルを抱えた人が駆けこむところ。

個人経営のサロンは美容のためだけでなく、リラックスを目的に行くところと、わたしは認識しています。

エステは基本的にはリラックスを体感しに行くところだと思っているので、自分に合った「隠れ家」のようなサロンを探すことをおすすめします。