パラネージュはお尻ニキビやニキビ跡・黒ずみの改善に効果的と話題のお尻用クレイパックですが、

そんなパラネージュの効果をより上げるためには体を洗うものにも気をつけて行きたいところです。

ですのでここではそんな体を洗う為の洗浄料についてのおすすめや注意点をご紹介していきます!
 

ボディーソープは皮脂汚れを落とすことを主目的に選ぶ

ボディーソープには、「うるおい成分」、「ビタミンC」、「美白成分」、「保湿成分」など、さまざまな成分を配合したものがあります。

これらは、どれも肌によいように思えますが、ボディーソープは洗い流すものですから、大半の成分はすすぎのときに流れてしまいます。

ヒアルロン酸やセラミド等のうるおい成分を配合したものも最近は見かけますが、これらも残念ながら流れてしまい肌には残りません。

「弱酸性」のボディーソープというものもあります。

健康な肌のPH値は弱酸性なので、弱酸性のボディーソープは肌はよさそうです。

でも洗い流す水は中性で、すすぎ終わったときには肌は中性。

洗い終わった後に弱酸性の化粧水をつければ肌は弱酸性になるので、ボディーソープは弱酸性でなくてもよいのです。

洗いあがりしっとりをうたったボディーソープもありますが、こういったボディーソープの多くは油分を多量に含んでいます。

油分は、すすいでも油膜のように肌に残り、つっぱった感じがせずしっとりしているように思えます。

けれど、その油膜のせいで、洗い終わった後に水溶性の美肌成分をつけても浸透しにくくなり、結果的にスキンケアの妨げになってしまいます。

自分の肌に合うものを選ぶ

体を洗う目的は、肌の皮脂汚れをしっかり落とすこと。

汚れを落とすための洗浄力が自分の肌に合うものがベストです。

「OO成分配合」とか「弱酸性」にこだわらず、洗浄力で選びましょう。

洗った後に指で肌をさわってキュッとするくらいが、皮脂汚れが落ちているめやすです。

そもそも「PH値」とは?

PH値とは、アルカリ性か酸性かを示す数値のことで、その値は0~14まであり、7.0が中性で、これより高いものはアルカリ性、低いものは酸性とな
ります。

健康な肌のPH値は4.5~5.5くらいの弱酸性で、オイリー肌のほうがより酸性に傾きやすい傾向にあります。

これは、皮脂が酸性であるためです。

体を洗うものは、皮脂汚れがしっかり落ちる固形石けんがおすすめ。

オイリー肌なら浴用の固形石けんでもOKです。

体を洗うものには、クリーム、泡、パクダーなどいろいろな形状のものがあり、どれを選ぶか迷う人もいるでしょう。

結論からいうと、選ぶポイントは形状ではなく成分。

余分な成分を含まず、しっかり汚れを落とすことのできるものが最適です。

ただし、形状によって成分にも多少の傾向が見られるので、選ぶときの参考にするのもひとつの方法でしょう。

浴用の固形石けんを使うのも一案。

固形石けんは、しっとりをうたった洗浄料と比べて油分が少なめ。

肌に油分を残さず、汚れをすっきり落とせます。

浴用では洗浄力が強すぎるという人は、洗顔用の固形石けんを選ぶとよいでしょう。