お尻ニキビやお尻の黒ずみに効果的な人気なパラネージュですが、

パラネージュを使ってお尻を綺麗な美尻にするために、それ以外にお尻自体がプルプルな方がより美尻に見えるものです。

では、肌をプルプルにしてくれる栄養素を摂ってお尻をプルプルにすることを考えた時真っ先に出てくるのがコラーゲンです。

では、コラーゲンを食べてお尻をぷりぷりに!

なんてお考えの方・・・

コラーゲンがどのようにお肌でできるかご存知ですか?

ここではそんなコラーゲンについてご紹介していきます

 

コラーゲンは食べると肌がプルプルに!?

一般的に美肌にいいといわれる食材はいろいろあります。

しかし、それらが必ずしも役立つとは限りません。

中でも、私たち形成外科の専門医が首を傾げたくなるのが、「コラーゲンを食べたら肌がプルプルになる」といった話です。

コラーゲン入りの食品を売り場で目にするだけでなく、冬場の飲食店には、コラーゲンの固まりを入れた「コラーゲン鍋」もあります。

飲み物も、食べ物も、コラーゲン入り。

それを食べたある女性は、翌朝、「お肌がプルプルになった!」と喜びの声を上げていました。

「ねえ、触ってみて。本当にモチ肌でしょ」と職場の同僚にいって、満足気な女性の気分を害するのは気が引けるものですが、「コラーゲン鍋で肌はプルプルにはなりえない」と私は思うのです。

わざわざコラーゲンの固まりを口にしなくても、栄養バランスの取れた鍋料理を食べれば、自然に肌のコラーゲンは体内で作られます。

「コラーゲン鍋」イコール「プルプル肌」ではなく、「栄養バランスが整った鍋料理」イコール「プルプル肌」なのです。

ではコラーゲン摂取はまったくの無意味なの?

結論から先に言ってしまうと、コラーゲンは食べても、肌のコラーゲンを増やすためには、ほとんど役には立ちません。

「ほとんど」といったのは、体内に取り入れたときに、多少、肌のコラーゲンの材料にはなると考えられるからです。

その程度にしかすぎません。

まったく意味がないとはいいませんが、「コラーゲンの摂取」イコール「美肌」については、科学的に見れば否定せざるをえないのです。

理由は簡単です。

食べても、そのままの状態のコラーゲンが肌に到達して、肌のコラーゲンとしての役割を果たすことがあり得ないからといえます。

コラーゲンはタンパク質の一種です。

人間の身体はタンパク質から作られていますから、食事によって材料となる栄養分を毎日補わなければなりません。

みなさんは、タンパク質が、どのようにできているかご存知ですか?

腸に入った食べ物は、バラバラに分解されて吸収されます。

肉類のタンパク質も、腸から吸収されるときバラバラになっています。

このバラバラの状態をアミノ酸といいます。

タンパク質は、アミノ酸が体内で幾つもくっついて出来上がります。

ただし、タンパク質にもたくさんの種類があり、アミノ酸がどのように結合してタンパク質になるかは、遺伝子のDNA配列で決められています。

肌のコラーゲンも、私たちが直接指示をしなくても、必要に応じて自然に体内で作られるような仕組みです。

食べるコラーゲンもタンパク質の一種なので、体内に入ったときにアミノ酸に分解されます。

アミノ酸はそのままでは身体で使うことができません。

いわば材料にすぎないのです。

コラーゲンはどんな過程で造られる?

アミノ酸がコラーゲンになるには、身体の中でアミノ酸をつなぎ合わせて、それぞれの身体の組織に必要なタンパク質に再合成しなければなりません。

コラーゲンを食べると体内でアミノ酸に分解されて、またコラーゲンになる。

こう考えると、食べるコラーゲンが、肌のコラーゲンの材料になることはありえます。

ならば、「コラーゲンを食べて、肌がプルプルになる」というのは間違いではないと思うのも仕方がありません。

ただし、食べたコラーゲンが100%肌のコラーゲンの材料になるとは証明されていないのです。

人間の身体は複雑な仕組みになっています。

食べたものが「肌に届きますように」と脳で考えても、細胞は事務処理的にアミノ酸を分配して輸送し、結合させてタンパク質を作っていますから、肌に届かない可能性も十分にあるのです。

身体の中のコラーゲンはどこから使われる?

人間の身体の中のコラーゲンは、その約40%は肌にあります。

それ以外の約60%のコラーゲンも、全身のあちらこちらに散らばっています。

コラーゲン=肌というイメージが先行しがちですが、身体では毎日、骨や関節、靭帯などでもコラーゲンを必要としているのです。

全身の至るところで「コラーゲンの材料がほしい」と思っている上に、コラーゲンの材料には、「肌用」とマーキングはされていません。

こうなると、早いモノ勝ち。

コラーゲンを食べても、全身のどのコラーゲンに使用されるのか、わからないのです。

一般的に、コラーゲンを食べると肌にいいといわれていますが、食べたコラーゲンの原料が肌に到達するかどうか、確かなことはひとつもありません。

最近では、腸から吸収されるコラーゲンは、ある程度の分子の固まりの状態であることもわかってきました。

アミノ酸に分解された状態ではなく、アミノ酸が幾っかくっついた状態で吸収されるのです。

これをトロポコラーゲンといいます。

アミノ酸からコラーゲンを再構築するよりも、トロポコラーゲンで吸収された方が再構築しやすい。

つまり、細かいブロックではなく、ブロックが幾っかくっついたパーツの状態で、コラーゲンの材料は腸から全身に入ってきます。

すぐにアミノ酸を使用できる身体の各所へ、ベルトコンベアで流されるときに、細胞の末梢ともいうべき肌よりも、内臓や骨、関節などでコラーゲンが必要とされていれば、そちらで使用さえてしまうことは容易に想像がつくはずです。

山ほどコラーゲンを食べれば、肌にもおこぼれが回って来るかもしれませんが、科学的にはコラーゲンを食べることによる美肌効果は証明されていません。

また、コラーゲンの入った健康食品でアレルギーを引き起こしたとの報告もあります。

日常の自然な食生活の中で、コラーゲンの材料になるアミノ酸は摂取できます。

無理に食ベすぎることで身体に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。