まず、大人二キビは、皮脂のせいでできるのではありません。
まずは「生活習慣を見直すこと」これが大切になってきます
いくらパラネージュを使用しても、生活習慣を改善しなければ、中には効果を感じる事が出来ない方も出てくるかもしれません。
ですのでしっかり生活習慣も意識してパラネージュを使い大人ニキビを治していきましょう!
 

10代のニキビとは違う「大人ニキビ」の発生原因

「ニキビは皮脂が多いせいでできる」と思い込んでいる人が多いようです。
確かに、10代のニキビのほとんどは余分な脂が原因です。
しかし、20代以降のニキビは、オイリー肌の使途ではなくてもできます。額などの皮脂が多い部分よりも、むしろあごなどの乾燥する部分に多いのが特徴です。
また、衣服の擦れなども原因で、背中やお尻などにもできる事が多々あります。
大人ニキビの多くは、ホルモンバランスの乱れや、免疫力の低下が原因と考えられます。
免疫力が低下すると、ニキビの原因となるアクネ菌が過剰に繁殖するのです。
ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下を起こす主原因は、不規則な生活やストレスにあることが多いです

大人ニキビの原因

ストレス
食生活の乱れ
睡眠不足
運動不足
生活リズムの乱れ

これらが原因となって、ホルモンバランスが乱れたり、免疫力が低下したりして、ニキビができる

「ホルモンバランス」とは?

大人ニキビができる最大の原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。
ニキビは毛穴が角化異常を起こして発生しますが、これには男性ホルモンが関係しているといわれています。
しかし、実際にニキビ患者さんの男性ホルモンをはかっても、高くなっていることはほとんどありません。
検査でわかるような異常ではなく、不規則な生活などでわずかにホルモンバランスが乱れるだけで、大人ニキビはできるのです。

ニキビが出来てしまった時のスキンケア方法

ニキビができたときのスキンケアは、油分を控えて、保湿成分をたっぷり補給する。
ニキビができてしまったときは、どのようなスキンケアがよいのでしょうか。
まず、化粧品の油分はアクネ菌の栄養源になるので、どんな種類の油分でもつけすぎないようにします。
一方、水分はたっぷりと与えます。
肌が乾燥すると毛穴出口の角質が厚くなり、毛穴の詰まりがひどくなるからです。
ボディーソープで皮脂をしっかり洗い落としたあとパラネージュでパックすれば保湿効果も高く効果的です。
ここで優しく、しっかりとニキビ対策することで効果的にパラネージュを働かせることができます。
そのあとは皮脂分泌をコントロールしてニキビを抑える作用のある、ビタミンC誘導体配合の化粧水をたっぷりとつけましょう。
ビタミンC誘導体には皮脂を抑えるほか、赤い二キビ痕を薄くする作用もあります。
洗浄後、手でやさしく押さえるように肌になじませましょう。
その後、肌のうるおいを保つために、ヒアルロン酸やセラミド配合の油分少なめの保湿美容液でしっかり保湿をするなどしてアフターケアもしっかりしていきましょう!

大人ニキビとパラネージュまとめ

大人ニキビは生活習慣の改善としっかりとした保湿で改善することができます!
ニキビ跡に対してもケア方法は同じです。
保湿力が高く、ニキビ対策成分もたくさん入ったパラネージュは普段のケアの合間に使用することでより効果を発揮してくれます
パラネージュを使ってしっかりお尻ケアしていきましょう♪