お尻の黒ずみをケアする方法にパラネージュでケアする方法をご紹介してきましたが、それ以外にはどのような事がお尻ニキビやニキビ跡には効果的なのでしょうか?

皮膚科のレーザー治療やピーリング治すメリットやデメリット、そしてお尻が汚い黒ずみの原因もあわせて確認していきましょう!

自分ではなかなか気付くことのできない、おしりの黒ずみ。

お風呂に入る前など、ふとした時に気づき、恥ずかしくなり、温泉などに行けないと言う人が増えてきました。

今回は、そんなおしりの黒ずみに関するケア方法などを、お伝えします!

 

レーザー治療で黒ずみをとる方法

レーザー治療で黒ずみを取る方法ですが、これはおしりに光治療レーザーを当てて、メラニン色素を破壊するという方法です。

かかる費用としては1回1万~5万円程度で治療が受けられます。

また、レーザー治療は肌の弱い人だと、炎症を起こしてしまうこともあるので、お医者さんに一度相談してみることが大切です。

お尻の黒ずみをとるにはレーザー治療が有効?

肌の負担を考え、ダメージを最小限に抑えるならレーザー治療がオススメです。

レーザー治療は、黒ずみの原因である色素に照射し、破壊していったり古い角質を剥がしとる方法なので

即効性がある!
最速にできる!

という方法で黒ずみケアを短期間でおこない悩みを解消することができます。

アフターケアまで行ってくれるので、自分では何もしなくても良いのも嬉しいポイントです。

保険の適用外なのでデメリットは費用面!

ただ、おしりの場合は、一度では完全に綺麗にはできないので、5回ほどレーザー治療を受けることが多いようです。

そして黒ずみは、病気ではありませんので保険適用外になります。

レーザー治療は1回3万円程度必要なので、総額15万円程度かかる事を頭に入れておいてください。

黒ずみのレーザー治療は自由診療なので、値段はあくまでも目安です。

もう少し差がある皮膚科もあるので、一度カウンセリングなどを受けてから、治療することをオススメします。

このように、レーザー治療には即効性があり、有効なことはお分かり頂けたでしょうか。

デメリットも含め検討してみてください。

ケミカルピーリングで治す方法

ケミカルピーリングといって、病院で処方される薬を使用して徐々に治していくものです。

塗り薬と内服薬の二種類があり、自分の黒ずみ方や原因によって外側からケアするのか、内側からケアするのか決めてもらいます。

また、病院で処方してもらえる薬は個人輸入しないように気をつけましょう。

なくなったらきちんと皮膚科で、処方してもらってください。

妊婦さんは治療を受けられないことがほとんどなので、産後落ち着いてから受診するようにしてくださいね。

下着の素材を変えて対策!

座る時間を短くすることは、お仕事上、難しい方もいると思いますので、まずは肌に優しい素材の下着や洋服に変えてみてください。

天然素材のものを選び、なるべく摩擦や刺激を避けることが大切です。

パラネージュでお尻ニキビケアをする以外にはこのような改善方法があります。

是非ご自身にあった改善方法で実践してみてください!

また、パラネージュはスキンケアなので、どの改善法とも並行して使用しても大丈夫なので、是非パラネージュを使用しながら美尻を目指していってくださいね♪