お尻の黒ずみや顔のシミにお悩みの方は多いと思いますが、その悩みをなくすため多くの人が実践していることが「化粧品、美容液を使いシミを治す」ということだと思います。
ですが美容液などを使わずしてシミや黒ずみを治す方法が実は存在します!
パラネージュを使ううえで、より効果を出すためにもこういった知識は知っておくべきだと思います
その方法などを紹介していきますので是非最後まで読んでくださいね♪

 

化粧品を使わなくても自然に消えるシミもある

老化と紫外線に関係したシミについて、美白化粧品を使用しても無意味といったお話をすると、
「美容液を塗ってシミが消えたという人がいます。やっぱり、化粧品でシミを消すことはできるのではないですか?」といわれることがあります。
確かに、シミには幾つかの種類があり、化粧品でも消すことが可能なシミも存在しています。
しかし、そんなシミは自然に治ってしまうこともあるのです。つまり、化粧品を使用しなくても消えてしまうシミです。
老化によって作られるシミとは別に、単に「色素斑」というシミもあります。
色素斑は、肌を指でかく、あるいは、身につけた時計やアクセサリーなどから受ける物理的な刺激でできます。
外部から肌に刺激を与え続けることで、もともと肌にあったメラニン色素が沈着し、肌の色が濃くなるのです。
そういったシミの場合外部からの刺激を止めて、肌が正常の状態に戻れば、自然に黒ずみは消えていきます。
美白化粧品を使用した後に消えると、「化粧品の効果」と勘違いされやすいのですが。
それだけが消えた理由ではないのです。化粧品で効果を実感しやすいのは、自然に消えるシミであるため、「自然に消える+化粧品の働き」と理解していただきたいと思います。

炎症が原因のしみには?

一方、抜け毛の後の毛穴の黒ずみやニキビの後などでも色素斑は起こりやすくなります。
これを「炎症性色素沈着」といいます。「炎症性」というと治療が必要なイメージを持たれやすいのですが、外的な刺激を与えずに細胞の再生を待つことで、これも自然に色素沈着は解消されます。
つまり、色素斑については目くじらを立てて「シミ抜き」をしなくてもいいのです。
わかりやすくいえば、「老化によるシミ」がタチの悪いシミならば、「色素斑」はタチのよいシミといえます。
タチがよいシミといっても、肌に無いにこしたことはありません。

遺伝によるシミも!そばかす対策

色素斑の一種には、若い人が悩まされやすいそばカスもあります。目の下の鼻の周辺に細かい斑点が広がり、
その模様や形がスズメの卵に似ているため「雀卵斑(じゃくらんはん)」と名づけられています。
これも、紫外線に反応して過剰にメラニン色素が作られて沈殿するという仕組みは、老化によるシミと同じです。
遺伝的な要素も強く、白人や肌の色の白い人には発症しやすい。顔だけでなく腕や背中などにもでることがあります。
紫外線に反応しやすいため、そばカスを防ぐためにも、紫外線対策は欠かせません。

更年期の方とピル服用の方は注意!肝斑!

また、中高年の女性に多く見られる「肝斑(かんはん)」も、色素斑の一種です。
シミの形が肝臓に似ているために「肝」の文字がついていますが、肝臓機能には関係なく、更年期や経口ピルの服用などで女性ホルモンのバランスが崩れると、メラニン色素が沈着しやすくなると考えられています。
肝斑にはトラネキサム酸の内服薬が有効とされていますが、脂漏性角化症に有効なレーザー治療は肝斑は逆効果になります。
現在は、市販のお薬にも肝斑に効果があるものが発売されており、個人で手軽に改善できるようになっています。
シミといっても、老化によるシミのようにレーザー治療が有効なものや、肝斑のように内服薬で色を薄くできるもの、そばカスのように刺激を与えずに放置することが有効なものなどいろいろあるのです。
単なる色素斑は、美自の化粧品を使っても使わなくても、原因さえ除去すれば自然に消えます。
「シミができた。高価な美容液を買わなくっちゃ」と思う前に、シミができないために本当は何をすればいいのか、このサイトの中でしっかりと考えていただきたいと思います。