お尻にニキビができると座っているだけでも痛かったり、治ったとしても黒ずんでしまって見た目的にも気になるようになってしまいます。

もしもそれが本当にに木々であればパラネージュを使い対策していけばよいでしょう…。

ですが中にはもっと深刻な症状の場合もあります。

ここではそんなお尻ニキビについてご説明していきます。
 

お尻のニキビから血が!?原因と対策

おしりにニキビができるな・・・

そう思って、パラネージュでスキンケアしたり下着選びに気をつけている人もいるでしょう。

そして、常に清潔であるために、丁寧に洗ったり、お手入れされている方もいるでしょう。

しかし、色々なケア方法を試したけれども、なかなか治らない。

あるいは、潰すと血が出ることはありませんか?

お尻はたしかに、蒸れて不衛生だったりするし、逆にお手入れをしない場所でもあるので乾燥したりすることで、ニキビはできやすい場所ではあります。

しかし、そんなニキビと思っているものが、ものすごく腫れる・・。

触ると激痛がはしる・・。

潰すと血がでる・・。

そんな場合はただのニキビではないかもしれません。

血が出る場合は粉瘤の可能性あり!?

ニキビから血がでる、膿がでる、しこりがあるといった症状の場合、実は、それはニキビではありません。

それは、「粉瘤(ふんりゅう)」という症状の可能性があります。

これは、ニキビと似てはいますが、ニキビではありません。

ニキビは毛穴が汚れで詰まることによって、細菌が繁殖して赤く腫れたりします。

一方の粉瘤は、毛穴のなかに垢や脂がたまることでできる皮膚疾患で、毎回同じ場所の毛穴で発生します。

膿が出ることもある?

お尻にできた「できもの」から、膿がでるという症状の場合は、様々な原因が考えられます。

まずは、膿がどのあたりから出ているのかを確認しましょう。

もし、肛門の近くから膿がでている状態であれば、「痔ろう」の可能性があります。

痔ろうは、肛門周りが炎症を起こすことで膿が溜まる痔で、膿を出すと楽にはなりますが、何度も再発することがあります。

痔ろうの治療をしないと治らないので専門医による治療が必要です。

そのほかには、先に説明した「粉瘤」の可能性があります。

粉瘤であれば、肛門近くとは限らず様々な場所にできます。

膿がでる毛穴部分がボコっとへこんでいたり、血が出ることがあります。

また、痔ろうや粉瘤以外に「ニキビ」の場合もあります。

ただ、ニキビの膿の場合、潰したとしても白いカスのような膿が少しでるだけなのが特徴です。

セルフケアもできますが、痛みがあったり、潰してしまうことで黒ずみのような跡が残ったりする場合もあるので、改善しにくいなと感じる場合は、皮膚科を受診するのも良いかもしれません。

このように、同じように膿が出る症状であっても、原因は様々で治療法も違います。

どんな症状なのか、確認し、できるだけ早めに皮膚科などの受診をおすすめします。

そのうえでパラネージュを使い美尻になるための努力をしていってくださいね!